蚶満寺

秋田県にかほ市象潟町の歴史あるお寺です。松尾芭蕉が訪れた最北端と言われてるそうです。道の駅象潟からすぐ近く。

松尾芭蕉が訪れた頃は、このあたり一帯が海だったと言われています。九十九島と呼ばれるように、たくさんの小島があったそうです。

駐車場から少し歩いた所から田んぼが見えます。その中央付近の盛り上がったた土地が、かつての小島だった名残だそうです。田んぼやあぜ道が海だったのですね。

蚶満寺の入口にあるのが歴史を感じさせる山門です。細かく凝った彫刻で装飾されています。山門を抜けた先に受け付けがあり、そこから先は拝観料が必要になります。

受付を済ませて参道を歩いたら、本堂などが見えて来ます。ここから境内をぐるっと散策します。

大きな本堂や鐘楼を眺めつつ、本堂裏の史跡庭園を巡ります。細かな写真は省きますが、いろいろと見所があります。

歴史あるお寺だけに1人でフラッと見て回るだけでは、なかなか解らないところがありました。ガイドさんとかあれば、ここの歴史をもっと知ることができたでしょう。

小学校の頃に遠足で訪れた記憶はかすかにあるのですが、さすがに忘れてしまいました。今はインターネットがあるので気になる方は事前に調べてから行くことをオススメします!