中秋の名月

9月21日は中秋の名月で、今年は珍しく満月になりました。晴天にも恵まれ、月見に出かけました。

建物と月を合わせて取るのは難しく、この写真では建物側がライトアップされていますが、それなりにスローシャッターでないと写らないです。月はディテール感を出して撮るにはシャッタースピード1/250など高速にするが必要でした。一方で建物は1/10より遅くしないと暗すぎてシルエットになってしまいます。

でもまぁ、月が出てるなって解ればそれなりに雰囲気だけでも楽しめるものですね。手前に松の木、奥に東門、空に月という3段の構図。

月だけドアップ(APS-Cサイズの200mm)で撮影してトリミングした写真。

お月見の撮影、悪戦苦闘でバタバタしましたがとても楽しかった。また満月の撮影に挑戦したいものです。今度はもっと月が低い所を街中の風景と合わせてみたい。