乳頭温泉郷 黒湯温泉

乳頭のブナ林を見たあとで黒湯温泉〜孫六温泉の周りを散歩して、黒湯温泉に入りました。この記事は黒湯温泉の周りの写真をあげます。

休暇村温泉の脇のブナ林に囲まれた小さな道路を上っていった先に黒湯温泉駐車場があります。ここに車を止めて孫六温泉、黒湯温泉に向かうことができます。

駐車場〜黒湯温泉まで

駐車場を囲む木々もすっかり紅葉していました。ここに上る途中もブナ林、小さな川と見所はあります。

駐車場から看板に沿って細い坂道を歩いて下っていきます。ここは黄色が鮮やかでした。

坂道の途中で孫六温泉方面との分岐点があります。看板に沿って進むと孫六温泉の手前に出ることができます(孫六温泉の近くの形式は別記事に載せます!)。

黒湯温泉の方向に進むと建物が見えてきます。ここも歩道脇の黄色い紅葉が鮮やかです。

受付前

黒湯温泉の受付前の看板です。入浴の場合、まずは受付に行ってお支払いを済ませます。それから各浴場に行く流れです。

受付前の黄色もとても鮮やかでついつい写真を撮ってしまいました。

男女別浴場

受付を済ませたら男女別浴場の方に向かいます。途中の建物が温泉旅館らしい風情を感じさせます。自炊棟が何軒かあります。

浴場があるところは少し下ったところです。このあたりから見える景色や硫黄の匂いも良いものでした。

パワースポットというオブジェ くろたまちゃん もあります。湧き出る温泉には強い生命力のようなものを感じますね。

1番奥まで行ってたたどり着くのが男女別浴場の建物です。建物の奥には川が流れており、露天風呂からは川と紅葉が楽しめました。こじんまりとした浴室ですが、露天風呂は開放感があります。

喫茶

入浴を終えて受付まで戻り、受付横の喫茶スペースで一休み。ここではコーヒーなどのドリンクが売っております。温泉で暖まったのでアイスコーヒーとパウンドケーキセットにしました。トレイがとても素敵。パウンドケーキが乗ってるのは樺細工でした。

まとめ

ちょうど紅葉のピークのタイミングで訪れることができ、とても楽しめました。駐車場から温泉までの景色も素晴らしいものです。

秋田の山間部は寒さを感じるくらいの季節ですが、風景を楽しめながら温まる露天風呂は良いものでした。

乳頭温泉郷 黒湯温泉、孫六温泉はどちらも気になっていました。来シーズンは孫六温泉に行ってみたいと思います。