ドライボックス

今までデジタル一眼レフカメラとレンズを普通に押入に保管してました。しかしながら湿度に弱いということもあり、最も手軽に始められるドライボックスを買ってみました。定番らしいハクバのドライボックスNEOです。

コンパクトなデジタル一眼レフカメラとWズームキットが入れば良いので、5.5リットルのものと9.5リットルのもので迷いました。ちょっと大きいですが確実だろうと思い9.5リットルを選択。かなり深みがあります。

フタ部分に密閉するためのパッキンが付いてるのと、乾燥剤を載せるケースが付いてるのが特徴です。乾燥剤は15gのもの1袋で6ヶ月くらいもつそうです。

デジイチとズームレンズを入れたところ。ズームレンズはプチプチに包んでる方。

水平方向はピッタリ。縦方向には結構余裕があります。しかし5.5リットルだと深さがどうも不安でしたので、9.5リットルで良かったかなと思います。

レンズ増えたらちょっと大変ですね。箱の中を2段にするよう工夫が必要。