BIC SIMに乗り換え

かれこれ5年半くらいiPhoneと共に長らく使ってきたauを解約してBIC SIMにMNP転入しました。auスマートバリューを適用しても、各種割引きを効かせても、やはり負担感が半端ない。話題の格安SIMを使ってみたいという興味もあり、せっかくなので試してみた次第。

au版のiPhone6sを使っている当方にとって、懸念してたのは「Docomo網が多いMVNOでau版の端末が使えるのかどうか」が大きいです。また、テザリングが使えるかどうかもチェックポイントでした。

  • mineoとかIIJmio タイプAなどau網を使うキャリアはテザリングNG
  • UQ mobileはau網でも何故かテザリングOK
  • Docomo網を使うIIJmioなどはテザリングOK
  • au版のiPhone6sはどの網を使うにしてもSIMロック解除が必要

あれこれ調べてるうちに、IIJさんのブログにものすごいヒントがありました。

こちらによると、現在のiPhoneはキャリア別にハードウェア的な差異がなく、SIMロックの違いのみ。つまりau版iPhone6sもSIMロックを解除すれば、IIJmio タイプD(Docomo網)を使うことが可能。そしてテザリングも使える。

ということで、もう違約金払ってでもMNP転出する決心が付きました。ただ、切り替えのタイムラグを最小限にするために即日発行カウンターのあるBIC SIMを選択しました。

切り替えに向けての流れは、次のとおり。

  1. auのサイトでSIMロック解除申請(ポチポチ進めてすぐ終わる)
  2. iPhoneをバックアップして初期化、バックアップから復元(この際はまだauのSIMでアクティベーションとなった)
  3. auにMNP予約番号の発行を依頼(電話連絡、SMSで予約番号受け取り)
  4. BIC SIMカウンターに出向いて購入手続き、開通後にSIM受け取り
  5. 自分でiPhone6sのSIMを入れ替え(事前にAPNを入れておくべし)
  6. 切り替え完了!

1〜2までを切り替えの前日に済ませました。APNのインストが鬼門で忘れがちですが(Wi-Fi環境ないと詰むやつや)・・・

5の段階ですんなりとSIMを認識して docomo 4G と表示された時は、ちょっと感動しました。思った以上にすんなりと切り替えが終わり、こんなことならもっと早くチャレンジすべきだったかなーと。

今までキャリア版を使ってた際は、2年に1度の毎月割が切れるタイミングでその時点の最新機種に変更してました。今後はiPhone6sを壊れるまで大切に使おうと思います。